ページ

2013年12月31日火曜日

ケニア



●ケニアの指標と社会問題


●空港+大統領=テロリスク大


●キベラスラムでドキュメンタリー製作(打ち合わせ)


●ドキュメンタリー中止。その原因、そして活動家とボランティア愛好家の境界線


●世界最大規模のスラム「キベラ」の実態


●キベラスラムで生きるHIV⁺の女性のグループ「POWER WOMEN GROUP」


●POWER WOMEN SHOP JAPANのオープンに向けて


●HIV/AIDS支援団体のいろいろと、何故POWER WOMEN GROUPが好きなのか


●【必読】POWER WOMEN SHOP JAPAN オープンしました。


●ケニアの1ヵ月と2014年に向けて

ケニア1ヵ月のまとめと2014年に向けて

ケニアでの1か月間まとめ

1か月ぶりのヨハネスブルグの空港で、乗り換えの便をおよそ1日待った後、この旅6か国となる、ケニアの地を踏んだのは、雨季真っ只中の121日のことであった。
ナイロビの空港へ着くと同時に、恐れていたことが起こる。ジンバブエの空港で預けた荷物が2つとも届いていなかったのである。
実は予想はしていた。ヨハネスブルグの空港は、荷物の不具合が起きることで有名なのである。その空港に、持ち主と離ればなれの荷物が1日置いてあるとなれば、心配しない方が不思議である。幸い、荷物は無事に見つかり、持ち主の到着した2日後、同じ西アフリカの大都市の空気に触れさせることができたのである。
こうしてケニア、ナイロビの活動は幕を開けた。まずはケニアの抱える社会問題などを可能な限り調べ上げ、全体像を掴んでいく。その中で最も興味深い問題と向き合う団体へと接触し、ボランティアの機会を伺うのがいつものやり方である。
荷物の問題も去ることながら、良いスタートを切ることができなかった言い訳をいくつかさせてもらう。何故だかインターネットが室内で繋がらず、パソコンを使っての調べごとをするために屋外に出なければならなかった。建物の外であれば、繋がったわけであるが、あいにくこの時期のナイロビは連日雨が降っていたのである。屋根のある場所があったので、跳ねてくる雨を避けながら、遅いインターネットに繋がったり、繋がらなかったりを繰り返していると、パソコンが立ち上がらなくなってしまった。当然のことといえば当然のことである。ハードディスクを交換し、旅に出発する前のバックアップで復元をすることができたが、この後も機器類の不具合に悩まされる。最終的には、インターネットのモデム、マルチプラグ、パソコンのバッテリーまでが、故障した。コードを繋いだ状態でないとパソコンが使えない上に、接続部分が不安定なので、同じ家に住む4人の子供や、大人の誰かが、コードに触れるとパソコンが落ちてしまうのである。再起動の度に編集中のデータを作りなおし、同じ作業を何度もすることになった。これを書いている今も、天候と接続部分を気にしながら、室内から無理矢理伸ばした不安定なケーブルを頼りに、屋外で作業しているのである。
それでも10日が過ぎたころ、キベラスラムで貧困に立ち向かう女性の団体と自分を繋げてくれるという1人の男とのコンタクトに成功していた。ケニア人のその男はドキュメンタリー製作の協力を申し出てきた。その男の家に移り住み、ドキュメンタリー製作のための準備を進めていったわけであるが、それは中止にした。尤も、ドキュメンタリー製作のためという理由でキベラスラムへ乗り込み、団体との接触に成功した後は、ドキュメンタリー製作と同時に、団体を支援するための試みに取り組んでいく覚悟はあったが、その男の本質を疑わざるを得ない不可解な行動により、中止にすることを自ら伝えた。経験的に、ドキュメンタリー製作が現地のNPOの支援に繋がるような変化をもたらさないことを知っているので、団体との直接のコネクションが出来た後は、本来の、意味のある活動のみに注力する環境は整ったことになる。その団体とはキベラスラムで暮らすHIV感染した女性のグループ「POWER WOMEN GROUP」である。15人のメンバーで、地域での嫌がらせや貧しさに立ち向かうために、励まし合うことを目的として集まり、アクセサリー作りによって収入を生み出すことを試みている。彼女たちの運営するPOWER WOMEN SHOPでは、女性同士で明るく会話を楽しみながら、アクセサリー作りをしているのである。彼女たちの姿を見ていると、そこが世界でも最も貧しい地域の1つ、キベラスラムであることを忘れてしまうほどであるが、やはり一歩外へ出ると不潔な匂いが漂い、窮屈な暮らしが待ち受けているのである。メンバーのお宅へお邪魔し、泊めていただくという貴重な経験をしたが、至る所で貧しさ、生きる喜びの両方を垣間見た。
彼女たちとは、すっかり仲良くなってしまった。この時にはもう、自分のやらなければならないことがはっきりしていた。彼女たちの作るアクセサリーを日本の方々に買ってもらうための、オンラインショップのオープンである。半年に一度の発送や、送金方法について確認し、メンバー全員と、これから行うことについて理解しあった。撮影した商品の写真を11枚、画質修正し、オンラインショップのオープンに向けて、残りの滞在期間を費やした。同時に、紹介用動画も製作し、ショップのオープンと同時に公開することができた。最後まで、パソコンとインターネット環境には悩まされたが、2013年最後の活動場所ケニア、キベラスラムで、満足のいく活動ができたと納得はしているが、あくまで売上という形で、結果にこだわった活動を見せていくため、オープン後の動きにも思考を働かせたい。今後は自分がPOWER WOMEN GROUPの広告塔となり、一生関わっていく覚悟である。そして1231日、本日エチオピアに向かうことになっている。

ケニアで作ったもの。まだ見てない方はチェックしてください。



2014年に向けて

2013年6月から、この旅をスタートし、沢山の方々に応援していただき、いろんな経験をすることができました。応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます。

ハイチへ向かったころは、自分に何ができるのか全く分からず、不安だらけでしたが、振り返ってみると、今日までに多くのことを積み上げてくることができました。

経験値を稼ぎにきているわけではなく、結果を求めて勝負しているわけですが、確かに成長していく自分を感じてもいるわけです。
今後も安全と健康に気を使いながら、現場にいることで、できること、伝えられることを追求していきます。

支援の在り方、方法についてももっと研究し、程度の高い活動を目指して行きます。

人の痛みや豊かさについても感情レベルで向き合い、その温度を心に焼き付けながら、思想や価値観も磨いていきます。

「できることを一生懸命やる」このスタイルで2014年も全力で戦います。

コロンビアのプロジェクトは目標金額に到達したので、2014年の2月から実行に移します。
支援してくださった方へのお礼は2月以降を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。


2014年も応援よろしくお願いします。


ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト








2013年12月30日月曜日

【必読】POWER WOMEN SHOP JAPAN オープンしました

POWER WOMEN SHOP JAPANをオープンしました。

サイトはこちら→http://powerwomen.handcrafted.jp/





POWER WOMEN GROUPの活動が長く続いていくように、また、彼女たちの収入が少しでも増えるように、日本の皆さんがオンラインで、彼女たちの作る商品を購入することのできる「POWER WOMEN SHOP JAPAN」を本日オープンしました。


★発送は半年に1回
郵便局へ毎回足を運ぶ負担や、送料の高さを考慮し、半年に一回の発送になります。
最初の発送は20147月以降です。

★全てケニアのPOWER WOMEN GROUPの収益になります。
ボランティアでやらせていただきます。

★何個でも購入できます。
1人何個でも購入していただくことができます。




POWER WOMEN GROUPとはどういうグループなのか、
彼女たちの暮らしているキベラスラムはどういう場所なのか、

紹介するための動画を作らせていただきました。







現地へ足を運んで活動をすることが全てではありません。

日本に住んでいても、できることはあります。
今すぐにできることが3つあります。


1、商品を買ってください
全てはPOWER WOMEN GROUPの収益になり、彼女たちの収入が増えます。
サイトはこちら→http://powerwomen.handcrafted.jp/

2、Facebook、ツイッターなどで人に伝えてください。
POWER WOMEN GROUPのことや、キベラスラムのことを知ってくれる人が増えます。

3、下の画像をクリックしてブログのランキングアップに協力してください。
ランキング上位に表示されることで、見てくれる人、買ってくれる人が増えます。



何もしない人は二度と見てくれなくて結構です。一生関わりたくありません。




ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト








2013年12月27日金曜日

HIV/ AIDS支援団体のいろいろと、何故POWER WOMEN GROUPが好きなのか



この世界には、規模や活動内容の異なる「HIV/AIDS」関係の団体が山ほどあります。



活動内容としてよく知られているものは、

・エイズで親を失った子供の孤児院
・検査のための診療所
・受けた嫌がらせの告白や、カウンセリング
HIV拡散防止のための教育
・コンドームの配布
・啓蒙活動
・患者やその家族へ食料などの生活支援
・仕事の創出や雇用の斡旋
・統計管理


など、さまざまです。



HIV感染者と、団体との関わりの全ては、まずHIVに感染していることを検査するところから始まります。




検査を受ける目的は、

・検査を受けるように勧められたから
・感染の不安を確かめて安心するため
・人に感染させないため
・自分の子供が感染していないか、あるいは母乳を与えていいか確かめるため


など、個人の事情にもよりますが、


「支援を受けるため」というのも大きな理由の1つであります。




HIV支援団体からの支援を受けるためにHIV感染者と認定される必要があるのです。


その後、地域のHIVコミュニティへ参加したり、定期的な検査の連絡を受けたりします。







啓蒙活動、雇用創出、生活支援、統計管理などは、先進国に拠点を持つ国際的なNPO/NGOや一定の財務基盤を持った国内のNPO/NGOが行っている場合が多いですが、彼らは主に、地域のHIVコミュニティと繋がりを持ち、支援活動を行っているのです。


また、HIV/エイズが大きな社会問題となっているような国では、その対策のための予算が採られ、団体の活動のために分配されます。


活動が多様で、規模が大きく、関係をもつHIV感染者の数が多い団体ほど、多くの予算を得る可能性があります。



選挙権を持つ者の人数、と言ったほうが分かりやすいかもしれません。




規模の大きなHIV支援団体では、このような国家予算や、企業スポンサーや財団法人からの予算も、その活動のために得ることがあります。

職員の確保やマーケティング、資金調達活動に使うお金もあれば、ボランティアの確保や、一般からの寄付金も得ることができます。




地域のHIVコミュニティというのは、支援を行うNPONGOによって作られるケースがほとんどです。

連絡系統を確立し、支援を行き届かせることや、活動を円滑に行うためです。

だいたいこんなイメージだと思います。





NPO/NGO同士で繋がりを持つ場合もあります。
例えば、国際的な大規模NPO/NGOが、国内のNPO/NGOを介して支援を行うケースがそれに当たります。


国際機関や、他国の政府機関あるいはその下部組織、現地政府直属の機関も絡んでくるケースもあります。


支援活動が活発な地域では、1つの小規模コミュニティに対して、活動内容の異なる複数のNPOが絡んでくる場合もあります。







POWER WOMEN GROUPは、これらのNPOとは全く異なる性質を持ちます。


彼女たちは、HIV⁺であることや直面している生活の苦しさを、お互いで励まし合うために、結成されたグループでした。



一般的には、「支援を受ける側」に当たる女性同士で、何の支援も受けずに、NPOを名乗っているのです。




メンバーで集まって、「励まし合う」という活動。

その中で生まれた、12円ずつの貯金というアイディア。

みんなで貯めたお金でPOWER WOMEN SHOPをオープン。

ボランティアと知り合いの協力こそありましたが、特定の支援は今でも受けていません。


このヒストリーと、力強く貧困と戦う姿が、僕はたまらなく好きです。

何よりも、皆さん優しくて明るい。(生活はめちゃくちゃ苦しいのに)

我々が普通に日本で暮らしているとしたら、目にすることのできる貧困地域の人々の様子は、内紛やテロなどの悲惨なことが起きたときのニュース、もしくは、寄付金を調達したいNPOから発進される写真などの情報しかありません。



キベラスラムの貧しさは間違いなく世界最貧レベル。

まさか、仲間とおしゃべりをしながら裁縫を楽しんでいるおばちゃん達がいるなんて想像したこともありませんでした。

彼女たちの笑顔の詰まった、紹介用動画を月末までにアップロードできるようにがんばります!!



イイネ!ガンバレ!は下の画像クリックでお願いします。


ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト








2013年12月26日木曜日

POWER WOMEN SHOP JAPANのオープンに向けて

このケニアで出会った、キベラスラムに住むHIV⁺の女性グループ「POWER WOMEN GROUP」。






キベラスラムでは、就学率は低く、特に女子を学校へ行かせるためにお金を払うことに、あまり意味がないと考える傾向にあり、女の子が教育を受けることはさらに難しいのです。

その代わりに、小さいころから家事の手伝いや、売春をすることで家族を助けていかなければなりません。


・キベラスラムの女子の就学率 8%
・売春を経験したことのあるキベラスラムの女性 66%
・コンドームを使うことでHIV感染が予防できることを知っている女子 32%






HIVに感染していることは地域での生活をさらに難しくします。

偏見や嫌がらせの対象になり、収入を得るための仕事に就くことだけでなく、生活に必要な物の貸し借りを拒否されたり、水や食料を売ってもらえなかったりします。

お金がなく、生活が苦しい上に、HIV⁺であることによる差別や偏見によっても苦しめられるのです。



そんな環境の中、未婚で複数の子供を育てている母親が、どうやって笑っていられると思いますか。



POWER WOMEN GROUPは同じような苦しみを抱えた者同士が、励まし合い、勇気づけ合うために結成されました。



これまでの努力によって、今ではPOWER WOMEN SHOPをオープンし、アクセサリー作りをしておりますが、彼女たちのグループは営利目的の団体ではありません。

それでも何の支援も受けず、今日までグループは存続しております。



実際のところ、アクセサリーを作って、販売することによる収入はほとんどないのです。

400円や、500円のアクセサリーが1つ2つ売れたところで、彼女たちの生活は変わりません。




グループのメンバーの皆さんを見ていると、POWER WOMEN GROUPの本当の価値を感じることができます。


SHOP
内では、アクセサリーを作ったり、テレビを見たりしながら、女性同士で会話を楽しんでいるのです。





本当に楽しそうに話をする姿が、印象的でした。





アクセサリーを作ることよりも、アクセサリーを作りに週に1回か2回、SHOPへ行って、話をして励まし合う。


苦しい環境の中で暮らす、同じ悩みを抱える女性同士で、励まし合うこと、元気を分け合うことに価値があります。






出勤が週に1、2回というのも、アクセサリー作りによって得られる収入はほとんどないからです。

出勤しない日は、家の用事や何か生きていくための収入を得る、他のことをしなければならないのです。








しかしながら、ショップの運営費や、新しい材料を購入するための資金を捻出するために、アクセサリーを買ってくれる人がいないと困ります。支援活動などでキベラスラムへ訪れる外国人が主なお客さんだそうです。


よく売れた月には、月末にメンバーへ分配されるお金も増える仕組みです。






POWER WOMEN SHOP JAPANをオープンします。



POWER WOMEN GROUPの女性が作る、素敵な商品を日本の皆様へ届けます。
商品は手作りで、本当に素敵なので、喜んでいただけると思います。



●発送は6か月に一度
商品代金に比べて送料が高いので、6か月分の注文をまとめて、ケニアから日本へ送っていただきます。その後、日本国内の1か所から、全国にお届けします。最初の発送は20147月以降の予定です。



●僕は1円も頂きません
いつも通り、1円も頂きません。
国内での送料だけ残して、ケニアに送金し、少しでも余ったらまたケニアに送金します。逆に赤字になったら、工事現場で旗でも振って、自分で払います。税金も自分で払います。






およそ30品目、細かく数えると150種類くらいある商品の写真を撮って、1つずつの商品の値段を聞いてきました。
ヨハネスブルグでカメラ(良いやつ)を強盗に取られたので、素敵なはずの商品の写真が、生のままでは残念な見え方なので、クリスマスイブの夜に300枚ほどの写真を1つ1つ画質修正しておりました。



POWER WOMEN SHOP JAPANを年内にオープンします!


POWER WOMEN GROUPの紹介用動画と一緒に、年内に見せることができるように準備をしております。

動画も、キベラスラム内部の様子やPOWER WOMENの皆さんが働いているところなどが見て分かるものになっております。

楽しみにしておいてください。




イイね!ガンバレ!は下の画像クリックでお願いします。

ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ





★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト