2013年6月18日火曜日

水事業について




Join The Journeyは2010年1月の地震以降、避難民テントキャンプCapvvaへ水を供給している唯一の団体です。

半年ほど前までは、キャンプから15分ほど歩いたところまで水を汲みに行っていましたが、現在はキャンプに設置されたタンクへ、定期的に水を運搬してもらうようにACFという国際団体とコンタクトを取っています。


水はコミュニティの中で選任された人が管理し、1ガロンで1グールド(2円)、バケツ1杯で5グールド(10円)で販売されます。


Join The Journeyは、キャンプ内のコミュニティに水を管理させることで、水を売って得た収入から新たな水を購入するという、持続可能なシステムを、キャンプの人が管理していく体制を構築しようとしています。


しかしながら、現在まで、コミュニティー内で選任された担当者が、資金をどこかへ使ってしまい、そのシステムはうまく機能していないようです。










「シェア」と「いいね!」で活動を応援してください。
よろしくお願いします。