2013年8月4日日曜日

ブラジルで最も危険なリオのファベーラ掃討作戦と警察の腐敗

2016年のオリンピック開催に向けて、リオデジャネイロを安全にするためのスラム街での武装警察と危険な麻薬カルテルとの戦い


File:Office Towers and Favela - Rio de Janeiro - Brazil.jpg

リオデジャネイロには、危険なことで知られるファベーラと呼ばれるスラムに数百万人が住んでいる。ブラジル政府は、2014年のワールドカップと、2016年のオリンピックという2つの大きなスポーツイベントを開催するにあたり、大規模な、麻薬商人と犯罪集団の掃討作戦を行う。

無計画に迷路のような階段や通路に沿って建てられた木造の小屋、そしてギャングと麻薬ディーラーがひしめきあうスラム街は、ワールドカップとオリンピックを開催するブラジルにとって非常に厄介な存在となっている。

リオのファベーラは、レッドコマンドなどの、防衛と「正義のため」に自らの軍事力を使う危険な麻薬組織によって支配されている。またリオのファベーラで最も危険なヴィラ・クルゼイロのようないくつかの組織は、教会によって管理されながら、麻薬取引を行っている状態である。

しかし、2009年に警察のヘリがファベーラの1つモッロデマカコで、麻薬ギャングのメンバーによって撃ち落されたとき、政府は、UPPs(ファベーラの治安改善のための部隊)をスラムへ送り込み、これらの麻薬組織を撲滅させ、治安維持に取り組むための行動に入った。

これまでに、およそ30(/1000)のファベーラで、UPPによる占拠を行い、治安維持に当たっているが、政府は来年までに40のファベーラへ展開していくことを目指している。



これまでに最も激しい掃討作戦は2010年11月に行われ、ヴィラ・クルゼイロとアレマオのファベーラでの5日間に渡る大規模な戦いとなった。

この危険な作戦で、3,000人の重武装特殊警察と軍隊が動員されている。

ヴィラ・クルゼイロの掃討作戦の間、リオで最も巨大な麻薬組織レッドコマンドの本部では、麻薬ディーラーたちの多くは、近隣のファベーラへ避難した。

武装勢力は、近隣のファベーラへも戦車、特殊車両、ライフル、警察犬を率いて攻め込み、盗難車両を奪い返し、多量のコカインとマリファナを押収した。

この掃討作戦により、およそ37人が殺害され、200人が逮捕された。

これまで、激しいギャングの抗争に巻き込まれていた無実の住民の多くは、警察によるファベーラの占拠を歓迎している。

ファベーラでは、流れ弾による死亡と殺人による死亡が一般的な死因となっています。

これまで頻繁に起こっていた紛争がなくなり、銃撃戦に巻き込まれる不安がなくなると安心する住民もいた。

しかしながら、多くのスラムで警察による占拠が続いていることを非難する声もある。特にブラジル警察の評判は、暴力的で腐敗しているとの声が聞かれる。

いくつかの場合、ファベーラでの重武装戦力の存在により、自由を侵害されている。他にも、UPPは、多くの観光客が訪れることが予想される、オリンピックが開催される場所の周辺の地域のみに焦点を当てて活動しているとの批判もある。

また、UPPはギャングや麻薬組織の掃討だけではなく、不法なインターネット接続や、テレビへの接続などの小さな犯罪をも取り締まっているとも言われている。

伝えられるところでは、隊員は、ダンスパーティーを止めさせたり、夜間の外出禁止令を出し、バイクタクシーを止めて、賄賂を要求するようなことをしているようだ。

UPPs隊員は次のように話した。

殺人、銃撃戦、強盗を減らし、不動産価値を上げ、スラム地域への観光客が増加することは、警察がギャングの暴力と戦う、正しいことをしている例なのである。

人権団体アムネスティインターナショナルのディレクターは、警察による殺人はUPPsが掃討作戦を開始して以降減少してきている。
この5年の間、リオデジャネイロでの警察による殺人は50%以上減少している。

さらに我々は、UPPsの活躍によりこの成果を上げていると考えている。

UPPsはその他の多くの問題を作り出しているが、警察による殺人においては、これを減少させることに成功している。

だが、依然としてリオデジャネイロはブラジルの他の地域以上に、警察により殺される人の数が多い。


麻薬ギャングの撤去は、ファベーラの経済を変えている。麻薬ディーラーは重大な雇用主であり、豊かな顧客であった。そして彼らが残した格差を埋めなければならない。


また多くの犯罪者は地域のファベーラへ逃げ込み、隠れ住んでいる。
UPPの有効性を判断するためにはまだ時間がかかると言える。










ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ