2013年9月18日水曜日

警察と地域の連携を目指す- CPF(Community Policing Forum)

Parkview 警察署長のコロネルさん


パークビュー警察署へ行ってきました。



パークビューは高級住宅地で比較的治安のいい地域です。


パークビュー



パークビューの犯罪統計



CPF(Community Policing Forum)


南アフリカ警察【South African Police Service (SAPS)】と地域との連携を強化し、警察の不正を監視することで、透明性の向上、地域住民と共同で地域の問題を解決することを目指す。


地域の警察と地域住民の間で協力関係を築き、互いに地域の問題を共有し、警察の質を向上させることを支援する組織である。



毎月地域の住民や団体と警察が一緒にCSF(Community Safe Forum)を開催し、地域の安全上の問題などについて話し合い、地域での犯罪を減らそうと努めている。




パークビューのCPFでは、様々な活動を行う地域の団体との連携がなされている。



犯罪被害者の支援団体の紹介

被害者支援団体と連携し、警察署で窓口の紹介を行っている。


コミュニティパトロール

地域住民と一緒に定期的なパトロールを行う。


警察の腐敗を撲滅するためのキャンペーン

警察の腐敗が社会問題となっており、警察の質を向上させ透明性や信頼を築くための活動


インターネットを使った犯罪情報の共有

パークビューのCPFは情報の充実したホームページを持ち、facebookやtwitterで地域と警察の繫がりを深めている。
さらに、CrimeSpotterというサービスでは、携帯などから投稿された犯罪の目撃情報などが、地域の登録者や警察へ送信され、住民が危険を回避し、警察が素早く現場へ向かうことを助けている。



警察の身元確認のための工夫やアドバイス

警察になりすました犯行が多発しており、住民が本物の警察を見分けるためのパトカーや制服の違いについての指導を行っている。また、ホームページ上でも写真付きで紹介している。




他にもCPFを通じて様々な団体が、警察と連携しながら活動している。

-Crime and Justice Hub
-Promote Professional Policing
-Justice Project South Africa
-eBlockwatch
-Crimeline
-Turn It Around
-Crime Aware
-Lead SA
-Shout SA
-Corruption Watch
-Business Against Crime



警察の腐敗が起こる原因は、政府の管理能力不足です。



しっかりした教育を行うこと

罰則を規定し、監視機能を備えた組織構造を整えること

充分な給料を支払うこと


ができれば、自然と腐敗というものは無くなるはずです。

それができない間は、住民が力を合わせて圧力をかけていくしかありません。





そして、警察署長のコロネルさんもおっしゃっておりましたが、犯罪と貧困は密接に繋がっています。



人々を犯罪に走らせる原因のほとんどは貧困なのです。




警察組織が弱いと、犯罪を犯す事のハードルが下がります。


人によっては、「働く」という選択肢を持ちながらも、犯罪を犯す方が楽だから犯罪を犯す人もいるでしょう。

中には、「犯罪」しか生きる手段を持たない人もいるでしょう。




警察を強化することで、犯罪を犯しにくくなり、地域としては犯罪件数の減少などの成果を見せることができますが、

もはや完全に貧困状態で、生きるために犯罪しか選択肢がなかった人は、

他の地域で犯罪を犯すか、

リスクを冒して刑務所へ入るか、

飢えるか

のどれかだと思います。



犯罪に依存させる環境が用意されておきながら、最後は「正義」に運命を握られてしまうんですね。



実際にヨハネスブルグでは、街中に監視カメラを設置し、殺人などの重大犯罪から窃盗などの軽犯罪まで厳しく取り締まっていったところ、犯罪の発生件数を減らすことに成功しましたが、周辺地域での犯罪発生件数が一時的に増えてます。




















「シェア」と「いいね!」で活動を応援してください。
よろしくお願いします。