2013年10月30日水曜日

ワークショップ開催、クリップタウンの子供達へ実践的なトレーニング





10月25日~27日の3日間で予定していたウェブサイト制作のワークショップ。


会場の都合で2日間になりましたが、12歳~16歳の学生18人に、ウェブサイトを製作するための知識と技術を養うトレーニングを行いました。



会場に集まってくれた生徒諸君



準備


SKYから6名、プライベートスクール2つから6人ずつの全部で18名が参加しました。



ワークショップの数日前にそれぞれの学校を訪ね、企画の内容と、生徒への呼びかけをお願いしました。


学校にコンピューター室を貸していただくこともできました。


学校のインターネットを管理しているハウテンオンラインにインターネットの不具合を修正してもらいました。




食事を用意するお金はないので、お昼ご飯の時間にかぶらないように時間を設定しました。





授業


ワークショップでは、簡単に自己紹介をした後、ウェブサイトのイメージをいくつかのサンプルを使って見せました。


企業のサイト、アーティストのサイト、ショッピングサイトなどです。


このワークショップでは、生徒の皆に実際にウェブサイトを製作してもらい、実践的なトレーニングを通して、楽しみながら、基本的な知識や技術を覚えてもらいたいこと、


その技術を使って、将来どのような仕事をすることができるのかということを伝えました。


ウェブサイト製作者として働くこともできるし、ウェブサイトを持っている企業であれば、管理することのできる人を探しています。ショッピングサイトを運営して、商品やサービスを売って収入を得ることもできます。


ウェブサイトの製作をするために、南アフリカではどれくらいのお金が支払われるのかについても説明しました。


南アフリカのウェブサイト制作会社の料金サンプル



ウェブサイトの製作は難しいように感じるかもしれませんが、実はすごく簡単で楽しいものなんだと伝えました。


確かに昔は、小難しいコンピューター言語のようなものを取り扱う知識がなければ作ることができませんでしたが、今は無料で、簡単に作れてしまいます。



今回のワークショップでは、無料のホームページビルダーを使って、実際にウェブサイトを作ります。


その前に、サイトの構造と、サイト製作の手順について話します。
そして、実際に、メールアドレスの取得と、登録、テンプレートの選択までが、1日目にやることです。




ロゴ、ナビゲーションメニュー、フッター、コピーライト、などの名前と、役割について説明しました。


最後にテストをするので、覚えておくようにと言うと、皆さんメモをとっていました。





3人ずつのチームに分け、用意しておいてプリントを配りました。



プリントには、

チーム名:

メールアドレス:        @gmail.com

パスワード:

自己紹介(Who I am):

好きなこと(I like to):

将来の夢 (My dream):


を書く場所を用意しました。





チーム名、メールアドレス、パスワードをチームで話し合って決めてもらいました。


決まったチームからパソコンの方へ移動。






Gmailアカウントの取得


無料のウェブサイトビルダーへの登録


テンプレートの選択




ここまでが初日の内容でした。



そして、宿題は、Who I am, What I like, What my dream is を考えてくること。


今日決めたパスワードは絶対に忘れないでと伝え、解散。






3日目が日曜日なので、警備員がいないから、会場は貸せないとこの日に言われ、急きょ、2日目を午後まで伸ばすことにしました。




昼ごはんが問題になりました。




中止ムードを漂わせるパートナーのゼブロン。


俺が払えばいいと言わないまでも、そんな空気を出してくるゼブロン。


朝から全然動いてくれないゼブロン。


初日は、ワークショップが始まるとすぐに会場から消えてどこかへ行ったゼブロン。


俺だって、帰りの交通費と150円しか持ってない。



結局その150円で、パンとポテトを買うことで、昼ごはんを用意しました。






2日目は、ワンステップずつ、「見せる」→「作業」→「見せる」→「作業」。



忘れないでって言ったパスワードを忘れてくる子、

保存する前に画面を閉じてしまう子、(これは俺が悪かった)



パソコンのフリーズでやり直しになる子、など、


いろいろと苦戦しましたが、



・サイト名の編集
・メニューの編集
・不要なコンテンツの削除
・テキスト/パラグラフの編集
・写真の挿入
・配置の編集


の基本的な操作を皆さん覚えてくれました。




よく理解してくれて、作業が早かった子は、その他の機能の使い方にも挑戦してもらいました。







この日も授業が始まるとどこかへ行ってしまったゼブロンは後半に戻ってきて、

1人ずつ、理解度の確認をしていました。



授業の感想を聞いたところ、楽しかった、勉強になったなど、総合的に良かったと言ってくれてる子供が多かったと聞いて安心しました。





授業で使った資料は全てゼブロンに渡したので、今後も同じようなワークショップを開いてくれることを期待したいと思います。


授業をするのは初めての経験だったかもしれません。


始まる前は少しビビッていましたが、絶対子供達のためになるんだと信じました。


本当に楽しくて、やりがいがありました。



誰しも1つくらい人に教えることのできるものを持っているもの。


無償でワークショップを開催するという、新しい支援の方法を学んだのでした。














「シェア」と「いいね!」で活動を応援してください。
よろしくお願いします。