2013年10月29日火曜日

Soweto Kliptown Youth (SKY) - 南アフリカ(ソウェト)



SKY(Soweto Kliptown Youth)は、1987年、当時16歳のボブが、貧困に苦しむ地域の子供達の生活を支援するために立ち上げた非営利団体です。


1955年に自由憲章が採択された南アフリカの歴史上、重要な場所でもあるクリップタウンは、最も有名なタウンシップであるソウェト郊外に位置するタウンシップです。



クリップタウン


クリップタウンには44,000人が住んでおり、ウォルターシスルスクエアやソウェトホテルなど、綺麗に整備された地域がある一方、線路を挟んで反対側では、電気や下水道は整備されておらず、失業率は70%、HIV感染率は25%と言われています。

10代での妊娠、薬物の蔓延、犯罪など、多くの問題を抱えています。

SKYでは、地域に住む子供達や10代の学生へ、放課後の学習プログラムや、スポーツ、アートなどの様々な機会を提供しています。






SKYユースセンター

図書館やダイニングホールが併設された施設内では、およそ300人の子供達が、学校へ行く前や放課後に訪ねてきます。

HIVに感染している子供が体を壊さないように、朝ご飯、学校へ持って行くランチ、晩御飯を支給しています。

SKYの食事だけで生活している子供たちもいます。

晩御飯


栄養についての指導や、自給自足の生活訓練のために、施設の敷地内での農業のトレーニングを行っており、提供される食事の中には、自分たちで作った野菜が使われることもあります。



子供の受け入れ

クリップタウンには学校がなく、学校へ行くには家から学校までの長い距離を移動しなければなりません。
子供の受け入れプログラムでは、教育をうけるための、無料の送迎や、学費の支援、昼ごはんの支給を行っています。これらは、施設を訪ねてきたスポンサーからの支援によって成り立っています。



高齢者介護

地域の高齢者の送迎、辛い時期の肉体的/精神的なサポートや、お祈りをする場所を提供しています。HIV感染者への支援も行っています。


教育プログラム

SKYの管理チームのメンバーそれぞれが、コンピューター室や、図書室を使って、自分の得意分野の教育を行っています。
文房具や、学校の制服の支給もしています。


2009年に、夜中にろうそくの明かりで勉強をしていた女の子が、寝てしまい、ラーニングセンターは焼失しましたが、2010年に再建築されました。

700冊以上の本が寄付され、さらに教育へ力を入れるためのプログラムが用意されています。


ホームワークプログラム

宿題や、学校の授業で分からなかったところを、スタッフが一緒に考えます。

学校の宿題をやっています


ブッククラブ

識字能力や読解力を向上させるために、本を読ませています。

ブッククラブ


シアタークラス

芸術に対する理解を深め、演劇の練習などを含んだセッションを行っています。
シアタークラス







Kliptown Children Youth Club (KCYC)

アート&カルチャー


POST77

地域の事業者などと共同で、子供達に職業技術の訓練を行っています。

裁縫技術や洋服のデザインを教えます。

ベッドの作り方を教えます。


スポーツ&レクリエーション

サッカー、バスケット、クリケットのチームがあり、地域の大会などへ参加しています。



観光ガイドトレーニング

クリップタウンの中を案内し、歴史などを紹介するツアーガイドとしてのトレーニングを行っています。



イベントの管理

地域や企業と共同でイベントの計画や、管理を行っています。


SKY PRESS

SKYの活動や地域の情報をまとめて発行しています。


ミュージックスタジオ

音楽を製作する機会と場所の提供や、音楽イベントの開催をしています。






スピリチュアルバイブ

代表のボブが、ライフスキルや、人生観、宗教の話をします。

スピリチュアルバイブ








ヨハネスブルグ、ソウェトをお尋ねの際は、SKYへお立ち寄りください。

子供達が明るく出迎えてくれます。



住所 49 Station Road, Kliptown, Soweto  1812



クリップタウンの駅からも、ウォルターシスルスクエアやソウェトホテルから歩いて行くことができます。




文房具や、照明器具が不足しています。


衣類の支援も歓迎します。



49 Station Road, Kliptown , Soweto, 1812 ,South Africa
Soweto Kliptown Youth Centre












「シェア」と「いいね!」で活動を応援してください。
よろしくお願いします。