2014年1月24日金曜日

リーヨット・アレムを釈放せよ!その②


 
最初の発送は20147月以降の予定です。


エチオピアが支援依存体質から抜け出し、貧困を無くしていくためのプロジェクト「女性ジャーナリストを釈放せよ」その②


その①では、エチオピアは海外からの支援や海外との商取引によって、慢性的な貧困と、支援依存体質の悪循環を繰り返しており、今の状態から抜け出すためには、民主主義の成長が必要であるという話をしました。
国民が変わり、政府が変わることが必要だという話でした。

そのためには、自由な言論活動によって、国民に真実を伝えることのできるメディアとジャーナリストがエチオピアに必要なのです。

そして、2011年に逮捕され、現在も刑務所に入れられている、エチオピアの女性ジャーナリスト『リーヨット・アレム』を釈放するための署名活動への協力を申し出ました。



僕にできることは、日本の皆様に署名のお願いをすることです。





『エチオピアに多くの不公平や不正義、権力による不正な圧力がある限り、私は記事によってそれらを明らかにし、戦っていかなければならない。』ー リーヨット・アレム


リーヨット・アレムは34歳のエチオピアの女性ジャーナリストである。
【2013年ユネスコ・グイラーモカノ世界出版自由賞を授賞】


高校で英語を教える傍ら、新聞社へコラムを寄稿し、自らも月刊誌の出版を行うジャーナリストとして活動していたアレムは、政治の問題、貧困、女性などについて、言論活動によって、エチオピアの不正義や腐敗を訴えていました。

そして、給料の一部で貧しい家庭の生徒を支援していました。



逮捕される4日前、アレムは支配的な政治政党によるエチオピアのダム建設計画のための資金調達方法を辛口で批判する文章を書き、リビアの独裁者カダフィ氏とエチオピアのメレス首相に共通する方向性を書き上げていました。


これを最後に、彼女は授業を行っていた高校で逮捕されました。

テロの容疑がかけられ、不公平な裁判によって、14年の禁固と33000ブル(18万円)の罰金の刑を受けることになりました。

後に14年から5年へと刑期は短縮され、彼女にかかった容疑のほとんどは軽減されましたが、今も刑務所で、親以外との面会は禁止された状態にあります。

父親によると、彼女は片方の乳房の痛みと出血を訴えており、乳癌の可能性がありますが、検査を受けることさえ認められません。


おかしいと思いませんか?


エチオピアの支配正当であるエチオピア人民革命民主戦線は、彼らにとって好ましくないメディアやジャーナリストの活動を厳しく制限しているのです。


権力による、メディアやジャーナリストの取り締まりについては、日本でも秘密保護法案の是非が議論されたことによって、想像しやすい人も多いかと思います。



今日は、エチオピアの国家権力に対して、日本人からの署名の集まった要望書を提出することの大きな意味について書きます。



このオンライン署名活動によって署名された釈放の要望書は、国連の女性問題、人権問題の責任者や、エチオピアの政府に向けて送られます。


以前、エチオピアの難民問題について書いたときに、国際機関や、先進国とエチオピアの力関係について触れております。

エチオピアが、彼らにとって全くメリットのない難民の受け入れをしている理由は、国連設立時からのメンバーでありながら、支援無しには成り立たない国家であるため、多くの支援をしている国際機関や先進国に対して、ノーと言えないエチオピア政府がいるためだと考えます。

エチオピアが支援漬けになっている以上、不利な立場の外交になってしまうのです。


日本はエチオピアに対して巨額の支援をしている国の1つです。
日本とエチオピア政府の力関係は明らかです。


日本人がエチオピア内部の問題に関心を示し、署名をすることは、エチオピア政府に対して大きなプレッシャーを与えることができると考えるのです。


これが、日本人がこの問題の解決に向けて署名することの大きな意味です。



エチオピアが自ら変わって行くことは出来ません。
海外から、その力関係を利用したプレッシャーをかけていくことが、リーヨット・アレムを釈放し、民主化に向けた一歩を踏み出すことの鍵を握っているのです。


そしてもう一点、
リーヨット・アレムは、2013年ユネスコ・グイラーモカノ世界出版自由賞を授賞しました。刑務所にいるため、賞を受け取ることはできませんが、国連の組織であるユネスコが、彼女の活動を評価したということです。

そして、国連設立時からのメンバーであるエチオピアによって、アレムは刑務所生活を強いられているのです。


国際社会の認識では、間違いなく、リーヨット・アレムは「正義」です。


この判断に加え、署名の集まった釈放の要望によって、諸外国からの見方に気づいたエチオピアが、アレムを釈放する可能性は十分にあります。




これを見てくださった皆様、エチオピアが民主化によって、慢性的な貧困と支援依存の悪循環から抜け出すために、オンラインでの署名に協力してください。


署名することで逮捕されることも、金銭的な被害を被ることもありません。
署名は3分あればできます。

どうか署名してください。
そして、フェイスブックやツイッターで人に伝えてください。


署名と拡散を、お願いします。



署名ページ






ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 



↓↓力を貸してください。 

★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト