2014年2月27日木曜日

シリアの皆さんと越えた冬。私にできることは何か。


 
最初の発送は20147月以降の予定です。




レバノンとシリアの国境付近のアーサルでは、紛争から逃れてきた多くの難民の方が生活しております。



住宅地から離れた丘は、木や植物はほとんど生えていない荒野で、石の採掘場や加工場がいくつかあります。それ以外にはほとんど何もありません。



標高は高く、冬には気温がマイナスになることもあり、雪が降ります。

アーサルへ15日間滞在し、シリア難民の方々のための支援活動を手伝わせていただきました。


2月の前半は非常に寒かったのを覚えていますが、今は少しずつ暖かくなってきております。



現地入りした最初の週末には、60世帯が入居可能なテントキャンプを完成させ、オープニングセレモニーが予定されていました。

この60張のテントは、土台にコンクリートブロックを使い、木のドアも付いており、ある程度の丈夫さを持っています。

しかし、この2月前半に、ジュネーブでの和平交渉に向けたシリア国内での武力によるメッセージが活発になり、1日の死亡者数が過去最悪の水準に迫る勢いでした。アーサルに近い、ヤブロードやカラムーンでの戦闘が激しくなり、大量の難民がアーサルヘ押し寄せたのです。

2月の初めから、中旬までの間に12000人がアーサルヘ辿り着いたと報じられております。
ここは、国境を越えた難民が最初に辿り着く場所なのです。


国際団体は安全上の理由からアーサルから離れたと聞きました。

アーサル以外の地域へ向かう難民もいますが、レバノン軍だけではなく、ヒズボラのチェックポイントもあり、リスクを伴います。

国連の難民登録を受けることもできないので、支援を受けることができない家族がアーサルに取り残されています。


60張のテントはすぐに満員になり、強烈な寒さの中、外で寝る人も出てきた状況下で、セレモニーは中止になり、シリアの皆さんと一緒に急遽70張ほどのテントを2日間で建てました。



既に出来上がっていた60張のテントは、定員10人のところを2家族の15人以上が共有しているような状態です。

緊急で建てることになったテントは、普通のテントなので、丈夫さもありません。
今のところ、雨と風は凌ぐことができております。



到着したばかりの皆さんの中には、怪我をしている人や泣き崩れている人もいます。
ほとんどが身内を失ったばかりの人や、家が倒壊した人です。

非常に厳しい状況を知らないのか、キャンプの子供達は楽しそうにはしゃいでいます。



私は15日間、シリア人ドクターがボランティアとして働いている診療所で寝泊まりさせていただきながら、食料や衣類の配達、テント作り、支援物資の整理、荷物運びなどをやらせて頂きました。


現地で一緒に活動をした人のほとんどがシリアの人です。
彼らは数か月以上前からアーサルヘ来ており、一応家を借りて住んでいる人達です。

よく家に招待していただき、食事や茶をごちそうになりました。

皆さんとても温かく、親切にもてなしてくださいました。







特に気を遣わせているようなこともなく、日本からの珍客を嬉しく思っているようでした。

キャンプの中でも、うちへ寄って茶を飲んでいけと、あちこちから誘われます。大人気でした。子供から大人まで、名前を覚えて呼んでくれることをとても嬉しく思いました。

荷物運びもテント作りも、誰にだってできる簡単な仕事ですが、外国人がシリア情勢や難民問題を深刻なものとして捉え、現地で働いている姿を見せることは、自分の国に見放された難民の皆さんをきっと勇気付けることができると信じ、笑顔で真剣に仕事をしました。



我々は難民の皆さんを心配し、力になりたいと思っているというメッセージが伝わっていると思います。

ボランティアの皆さんとも、病院の皆さんとも、キャンプの皆さんともすっかり仲良くなり、随分と居心地が良くなりました。

キャンプの子供達と遊んだり、シリアの女子高生たちにアラビア語を教えてもらったりと、実際には楽しい時間も多くありました。



しかし、彼らの現実は楽観できるものではありません。


元気のない子にどうしたのか聞くと、今日友達が死んだ、と言う。
それでもボランティアとして、服や靴の整理をがんばっていた。

身内が亡くなったドクターは、葬式のために危険なヤブロードへとバイクで向かい、遅くに帰ってきて、また仕事を始める。給料はない。

給料が欲しいなどとは一言も言わず、患者のための薬が欲しいと言う。



こんなに優しい人達が、紛争によって多くを失い、過酷な環境下での生活を強いられているのです。





力になりたいと、強く思いました。

自分にできることをやります。


パソコンもないので、路上や駅で募金活動をしようと思います。


3月10日、福岡へ到着後、東京方面へ向かって行きます。

家に1泊させてくださる方、連絡をください。
どこへでも行きます。

1畳分ほどのスペースと、米かパンを少し恵んで頂けると有難く思います。


あなたの家の近くの駅などで募金活動をします。




また、講演会などのイベントや施設の運営者などで、人前で話す機会をくださる方も大歓迎です。



tanakayuki.359@gmail.com もしくはfacebookで連絡をください。

よろしくお願いします。








不当逮捕されたエチオピアの女性ジャーナリスト「リーヨット・アレム」釈放要求の署名がまだの人はお願いします。





応援してくださる方は、ブログランキングのクリックをお願いします。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 



↓↓力を貸してください。 

★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト