2014年4月16日水曜日

【シリア難民問題】レバノンの政治組織でありながら国際テロ組織とされる「ヒズボラ」

人口400万人のレバノンに、100万人以上のシリア人が、紛争から逃れて来ています。
これは、シリアの周りの国々の中でも最も多いのです。


レバノンへ辿り着いた後に、彼らを待っているのは決して安心のできる暮らしなどではありません。


失業率は高く、政治的に不安定なレバノンでは、シリア人が仕事を得ることは簡単ではありません。そして、シリアからの難民の大流入によって、今レバノン国内は大きく混乱しています。


レバノンの政治組織でありながら、軍事組織でもあり、イスラム教シーア派による組織「ヒズボラ」についてお話します。



ヒズボラの指導者ナスララ師



ヒズボラはこれまでに、外国人の誘拐やハイジャック、大使館付近での爆弾攻撃などを行っており、ヒズボラをテロ組織と位置付けている国もあります。

シリア紛争においては、同じくシーア派が政権を握っているイランからの支援を受けながら、シリア政府側(アサド政権側)を援護するために、武器や兵力を送り、実際に戦闘を行っているのです。


国のため、市民の自由のために戦っているシリア人である政府軍、反政府軍に混ざって、海外から第三勢力が戦闘に参加していることが、両者を疲弊させることなく、出口のない戦いへと繋がっているのです。

さらに、国民感情を全く考慮しないヒズボラなどの第三勢力は、「敵を殺すこと」が目的となってしまっているのです。



シリア人のほとんどはイスラム教スンニ派であり、ヒズボラにとっては「敵」ということになります。

ヒズボラに家族や友達を殺されたシリア難民がたくさんいるのです。



ヒズボラはテレビ局も保有しており、レバノン国内ではテレビで指導者のナスララ師の姿を見ることが多いのです。

難民の皆さんとテレビを見ていて、彼の姿が映されると、

「人殺し。。」と嫌悪感を示しておりました。




特に最近では、シリアとレバノンの国境付近のヤブロード(Yabrud)での戦闘が激しくなり、ヒズボラの攻撃で家や家族を失った難民が、レバノンのアーサルで急増しているところです。



ヤブロードからレバノンへ


ヤブロードとアーサル









難民の中には反政府側の自由シリア軍として戦っていた者も含まれます。


レバノンにとっては、シリア難民が増大することは、国内が紛争地化する危険性を高めていることにもなります。


シーア派(ヒズボラ含む)VSスンニ派(シリア難民含む)の戦いがレバノンで起こり得るということです。


実際にレバノン国内では、ヒズボラの施設や構成員を狙った爆破攻撃が起きています。




ヒズボラは、スンニ派からの報復を恐れ、レバノン国内での難民の動きを制限したいと考えています。

さらに、難民への支援を好ましくないものと考える傾向にあります。


だからシリア難民がレバノンの都市部へ流れてくることを防ぐために軍のチェックポイントを設け、支援団体の通行をも妨害するのです。



シリア紛争の本質を理解する上で、知っておかなければならない、「ヒズボラ」という第三勢力。

レバノンへ逃げてきたシリア難民の敵であり、希望を奪う存在なのです。







日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
また上位にランクインできるようにがんばるので、応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ





2014年4月13日日曜日

リーヨットアレム釈放のための署名キャンペーン【説明文訳】


入獄中のエチオピアの女性ジャーナリスト、リーヨット・アレム。





『エチオピアに多くの不公平や不正義、権力による不正な圧力がある限り、私は記事によってそれらを明らかにし、戦っていかなければならない。』ー リーヨット・アレム


リーヨット・アレム釈放要求のオンライン署名はこちらから

Petition by Safe World for Women.


リーヨット・アレムは34歳のエチオピアの女性ジャーナリストである。
【2013年ユネスコ・グイラーモカノ世界出版自由賞を授賞】


アレムはアジス高校で英語を教えていた。彼女は自分の給料の一部で、貧しい家庭の生徒を援助していた。

2011年6月21日、アレムは、彼女の教える高校の英語クラスから無理やり連れ出され、逮捕された。逮捕された理由は全く何も伝えられなかった。他のジャーナリストの情報を提供することと引き換えに、恩赦を認めるというオファーを拒否したアレムは、およそ2週間、独房に監禁された。

逮捕される4日前、アレムは支配的な政治政党による国のダム建設計画のための資金調達方法を辛口で批判する文章を書き、リビアの独裁者カダフィ氏とエチオピアのメレス首相に共通する方向性を書き上げていた。



テロの罪

政府は記者会見で、アレムはテロを組織している疑いのある9人のうちの1人であると発表した。彼らが関与したとされるテロ組織に名前は付けられていないようで、特定の犯罪も発生していない。

国際女性メディア基金 International Women's Media Foundation (IWMF) によると、アレムは2009年にエチオピアの司法局によって通過された、不明瞭な反テロ法の、法的な根拠を探っていたジャーナリストの1人である。その法律では、集団を勢いづける(勇気づける)と考えられる者をテロリストとして逮捕することを許している。

この法律の下、アレムには懲役14年、33,000ブル( およそ18万5000円) の罰金が課せられた。逮捕される前の彼女の収入は、教師として1万円以下の月収と、レポーターとして、それより少し多いくらいのものであった。裁判の間、政府側の検察から、アレムの書いた、首相を批判する内容の記事と、平和的な抵抗のように思える電話のやりとりが、証拠として提出された。

2012年8月、刑を見直す要求により、結果的に刑期は14年から5年に短縮され、テロリストとして彼女に掛けれれた罪は軽減された。



エチオピアにおけるジャーナリストの抑圧

エチオピア政府はメディアが報道できる範囲を、支配政党のエチオピア人民革命民主戦線EPRDF(Ethiopian People's Revolutionary Democratic Front) にとって好ましいものであるように制限している。記者、自由メディア、ジャーナリストによる公での批判に対し、脅迫とテロの容疑がかけられ、野党についての情報や、人権問題についての疑問を発信すれば、刑に処されるという法律がある。

2012年、ジャーナリスト保護委員会は、エチオピアを最も言論活動の自由が侵害されている10カ国のうちの1つと呼んだ。

ジャーナリスト保護委員会によると、エチオピアで逮捕されたジャーナリストの数はアフリカで2番目に多く、抑圧的で悪名高いエリトリアに次ぐ多さである。



家族の心配

最近、アジスアババで開かれたアフリカメディア代表会議に出席した自由メディアドーハセンター(DCMF)の代表団は、リーヨット・アレムの家族と会い、彼女の健康状態について尋ねた。

「私が最後に彼女と面会したのは2ヶ月前の9月8日です。現在は、父親と母親しか彼女に会うことは許されておりません。彼らは彼女を怯えさせようとしているが、彼女は強い。彼らは彼女がどんなに強いか想像できない。彼女は決して屈しないだろう。

彼女は免罪を拒み、そのため彼らは彼女を痛ぶろうとする。彼女は免罪を求めないだろう、なぜなら、それは彼女が犯罪を犯したことを認めることになるからだ。彼女は何の罪も犯していない。彼女はただ、声なき人の声になろうとしていただけだ。」

-シレシ・ハゴス( リーヨットの婚約者)


彼女の胸は出血している

リーヨットの父、アレム・ゴベボは、彼女の弁護士でもある。アレム・ゴベボは弁護士として彼女と面会することは許されておらず、彼女の父親としてのみ会うことができる。

アレム氏は娘のことを大変心配している。彼女は片方の乳房に腫瘍がある。彼女の胸は出血しているが、状態の検査はされていない。

それゆえ、リーヨットの腫瘍が良性か悪性かを知ることはできない。彼女の健康状態が大変気がかりである。

乳房に悪性のしこりのある女性は、治療を受けずに放置すると、両方の乳房の切除、または非常に多くの細胞組織を失うことになるか、死亡する。



不公平な裁判

リーヨットは3ヶ月間、審理前拘留され、裁判の準備はできなかった。
その期間のいくらかは、独居房へ入れられていた。

罪状は曖昧で不明確であった。目撃者は匿名であった。

証拠として提出されたジャーナリスティックな記事の多くは、リーヨットが実際に書いたものではなかった。



さらに、有罪であることが前提となっており、無罪の方向で検討されることはなかった。リーヨットは無罪を証明するよう要求していた。その裁判は彼女の有罪であることの証拠が要求されなかった。

彼女は裁判の前に容疑について知らされることはなく、弁護人に聴取の日付も知らされなかった。

裁判の前には、リーヨットをテロリストとして紹介するドキュメンタリーがエチオピアのテレビで放送された。


国際女性メディア基金 ー ジャーナリズム賞

2012年、国際女性メディア基金(IWMF) は、自由のために戦ったことで罪に問われ服役中のアレムの出席は認められない中で、彼女をジャーナリズム賞に選出した。

授賞式では、プレゼンターが、アレムが獄中で書いたとされるメモを読み上げた。
「エチオピア人民革命民主戦線(エチオピアの与党第一政党)へ。ジャーナリストはプロパガンダのマシンにならなければならない。

私はより良い未来を手にするために貢献しなければならないと信じている。エチオピアに多くの不正義と抑圧がある限り、私は記事によってそれらを明らかにし戦っていかなければならない。」
と、アレムは以前のIWMFのインタビューで語っている。

「IWMFのような団体には、アレムのようなジャーナリストを直接保護したり、すぐに状況を変えるだけの政治的な影響力を持つことはないかもしれないが、国際社会からの注目を軽視するべきではない。」ー国際女性メディア基金(IWMF)


援助の必要性

「外部からのサポートは、食べ物や薬の支援よりも重要です。」とマーティン・スチブバイはIWMFへ話した。

マーティン・スチブバイはスウェーデンのジャーナリストである。マーティンはオガデン地方近辺で反政府組織ONLFと人道支援の状況を伝えるため、ソマリアとエチオピアの国境を不法に渡った後、同僚のジョハン・パーソンと一緒に連れて行かれた。
スチブバイとパーソンは、2012年9月、罪を認め、懲役11年を宣告された後、国際メディアの監視下での14ヶ月に及ぶ外交の激しい攻防の末、赦免され、釈放された。

「IWMFのジャーナリズム賞のような国際的な見方は、実際には一定レベルの保護になり得る。刑務所の看守や管理者は考えるだろう。なぜなら、彼らは世界が見ていることを知っている。」ーマーティン・スチブバイ

カリチ刑務所の厳しいコミュニケーションの禁止によって、彼らの交流はとても限定的だとしても、スチブバイはアレムの強い正義感に深く感動した。スチブバイが最後にアレムを見たのは彼がパーソンと釈放された、さほど昔ではない2012年8月だった。

「マケラウィでの取り調べの間、リーヨットは決して屈することはなかった。警察の取調担当者の何人かは彼女より若いが、彼女はなぜ言論活動の自由と、民主主義のために戦っていたのかを説明し続けた」とスチブバイは覚えている。


アムネスティ・インターナショナル

「これは表現の自由に対する侮辱である。」 - アムネスティ・インターナショナル エチオピア調査員 クレア・ベストン


ジャーナリスト保護委員会

「エチオピアはリーヨットのケースにおいて、拷問に関する国連特別報告官の決定に従うことを拒否している。」-ジャーナリスト保護委員会


ペン・アメリカンセンター

「ペン・アメリカンセンターは、ウォブシェット・タヤ、リーヨット・アレム、エリアス・キフルは、彼らの表現の自由に対する権利の平和的運動に関して刑を受けており、これは、エチオピアも調印している市民と政治の権利の国際規約19条と、人的及び人民の権利に関するアフリカ憲章9条に違反している。したがって、我々は彼らに対する厳しい刑を軽減するよう抗議し、タヤとアレムを即時に無条件釈放するよう求める。-ペン・アメリカンセンター


リーヨットアレムの勾留は明らかに不当であり、国際法のいくつかの条項に違反するものである。





最後に私の考えを述べておきます。

腐敗の激しい国では、政府や警察だけでなく、企業やNGOも腐敗する傾向があります。地位を手に入れた者が、自分の利益を優先に考える傾向があります。エチオピアの貧困問題に立ち向かうためには、まず、腐敗を暴く国内のジャーナリストやメディアが必要なのです。
エチオピアが自ら変わっていくことは望めないので、海外からエチオピアの不正や腐敗に対しての厳しい視線を浴びせ、メッセージを送っていくことを続けなければならないと思います。
リーヨットアレムの釈放を要求することは、エチオピアが民主化の道を進んでいくための重要な一歩であると、信じています。



リーヨット・アレム釈放要求のオンライン署名はこちらから

現在までに3,000人以上のオンラインでの署名が集まっています。





日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
また上位にランクインできるようにがんばるので、応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ





2014年4月12日土曜日

レバノン(シリア難民)

レバノンで書いた記事一覧


●極寒のシリア難民キャンプ訪問、過酷過ぎる難民の運命


●私にはかけてあげられる言葉がある(シリア難民キャンプ10日目)


●シリアの皆さんと越えた冬、私にできることは何か。

エチオピア

エチオピアで書いた記事一覧


●エチオピア基本情報


●エチオピア基本情報②とエチオピアの貧困10の真実


●エチオピアへの難民、エチオピアからの難民とその運命


●なぜエチオピアは貧しいのか、自分なりの結論を出してみた。


●支援漬けのエチオピアと支援する国々の思惑


●振出


●リーヨットアレムを釈放せよ!その1


●リーヨットアレムを釈放せよ!その2


●リーヨットアレムを釈放せよ!その3


●エチオピアの腐敗





【帰国】福島へ行きます


 

最初の発送は20147月以降の予定です。




2014年3月10日、3年ぶりに日本へ帰国しました。


帰国して1ヶ月が経ち、今日初めてブログを更新します。



これから何をするか、どうやって生きていくか、考えました。



まだ終わっていないプロジェクトがあります。これに本気で立ち向かわなければなりません。

POWER WOMEN SHOP JAPAN
http://powerwomen.handcrafted.jp/

ジンバブエの孤児院へ自転車を届けるプロジェクト
http://www.shimaguninohako.com/

エチオピアの女性ジャーナリスト釈放のための署名キャンペーン
http://www.change.org/petitions/free-reeyot-alemu-imprisoned-award-winning-ethiopian-journalist-with-breast-tumour


そして、レバノンとシリアの国境付近の街アーサルで見た難民の窮状を、僕には伝える使命があると考えています。




現場へ行ったからこそ、見えたものがある。

現場で体を張ったからこそ、伝えられることがある、と今思います。


活動を続けていく中で沸いてきた疑問。

浮かび上がったこの世界の不誠実な嘘。




国際NGOに牛耳られ、良いお客さんに成り下がった日本の支援産業。

世界の貧困問題と向き合う姿勢に、先進国としての誇りがまるでない。



皮肉にも、NPOやNGOによる資金調達のための実態を通り越したおかしな主張が、ジャーナリズム以上に浸透した結果、人々が間違った理解をしてしまっている。

実態との「ズレ」が確かにある。


使われる資金の不透明さも加わり、人々を無関心にさせる事態をも引き起こしている。




必要なのは「暖かいご理解」よりも、より正確に実態を知ること、知ろうとする姿勢だと、思う。






「何をするか?」

いい質問だと思います。



1つは、ボランティアプログラムの開発に取り組もうと考えています。


活動の中で繋がりを持った団体へ、日本人を送り込む。


シテソレイユの難民キャンプ(ハイチ)
メデジンのスラム(コロンビア)
リオのファベーラ(ブラジル)
ヨハネスブルグ郊外タウンシップSOWETO(南アフリカ)
ジンバブエ農村部
キベラスラム(ケニア)
シリア難民キャンプ(レバノン)
ダラヴィスラム(インド)


スリルも感動も最高レベル

生きる意味が分からなくなった人に、是非行ってもらいたい。




参加費は無料、むしろこちらで出す。

そんなプログラムを組みたい。



先ほども申し上げたとおり、人々の理解を変えていかなければなりません。

現場を目で見ることが何よりも大事だと、今思う。



そんな日本市場への想いと、好きになっちまった現地の団体をこれからも応援していくことを考えると、わりと自然に、プログラム開発のアイディアは出てまいりました。




それに加え、自分自身もメッセージを発し続けなければならないと強く感じています。


日本の支援業界の、先進国としてあるべき姿、姿勢。
これを変えていきたいんです。


時間のかかる戦いになるだろうと考えます。


自分と同じようなところに問題意識を持ち、一緒に変えていこうと考える人を、増やしていかなければなりません。



これまではブログとfacebookでしか発信ができていませんでしたが、もっと本気で、発信することに力を入れようと思います。ツールも機会も増やしていきます。





今後、拠点は福島にします。


自分と同じ温度で、業界のことや支援のあり方について話すことのできる人が多いのは、やはり福島だろうと思っています。




講演の機会があれば、どこへでも行きます。

今、東京で2件、北海道で1件、友人の協力もあり、そのような話をいただいております。

ありがたいことです。

興味のある方、引き続き、ご連絡をお待ちしております。






以上、近況の報告と、今後の構想についてでした。


本気でがんばりますので、今後とも応援よろしくお願いします。













不当逮捕されたエチオピアの女性ジャーナリスト「リーヨット・アレム」釈放要求の署名がまだの人はお願いします。





応援してくださる方は、ブログランキングのクリックをお願いします。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↓↓力を貸してください。 


★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト