2014年5月23日金曜日

今も窮状に喘ぐシリア難民を忘れていく先進国の私たち(2)

5月17日に開催されたシンポジウム「シリア危機 失われた世代にしないために ~子供たちの現状」へ行って参りました。


第一部ではUNHCR日本代表のマイケル・リンデンバウワーさん、逢沢一郎衆議院議員のお話、岸田外務大臣からのメッセージなどが紹介されました。










第2部では、実際に現地(中東)で、シリア難民問題に取り組んでいる日本人の方々のお話を聞くことができました。



上村司、外務省中東アフリカ局長の「シリア人道危機に対する日本の対応」についてのお話がありました。


上村さんは、シリアに留学をされていたこともあり、中東情勢について大変詳しいです。


僕はそのことを知っていました。

中東のことを調べていて、この人の名前を知らないはずがないのです。



自分が中東にいたころ、必死で情報収集をしていたときに参考にさせていただいていた記事などに関わっておられた方のお話を聞けたことが、まず嬉しかったです。



シリアに特別な思い入れがあり、何とかしたいという強い気持ちを感じることもできました。



正確におっしゃられた文言ではありませんが、

「今シリアで起きている危機は、世界の国家が長年繰り返してきた実験による歪みが噴出しているようなもの」


ということに近いことをおっしゃられまして、強く納得したわけであります。


また、日本はシリア周辺国へのクロスボーダー支援の重要性を理解しており、ヨルダンへ1.2億ドルの支援をしていること。
政情など、複雑な背景から、支援を届けることも難しいけれど、最近では北部(トルコ側)の支援ルートを作ってきていること。

など、日本政府の取組や成果についても強調されておりました。







次に赤阪陽子、UNHCR駐シリア・ダマスカス事務所 シニアフィールド調整官により、「シリアの未来:危機に瀕する子どもたち」というテーマでのお話がありました。


シリアを取り巻く環境や、現地の子どもたちが実際に直面している問題について紹介されておりました。


しかしながら、問題をあまりにも並べすぎて、どの問題が最も深刻で、どれほどの規模で発生しているのかが見えてきませんでした。

残念ながら赤阪フィールド調整官の話のリソースは、海外のメディアなどからでも容易に知り得ることのできる内容でした。


自分は現地へ行ったことで、問題の重み付けができるようになったことを最大の収穫の1つではないかと思っていますが、

赤阪フィールド調整官の話を聞いた限りでは、この人は本当に現場で働いているのだろうか?と感じたことを素直に認めておきます。






続いて、現場からの報告ということで、


太田千晶、JENプログラムオフィサー
工位夏子、日本国際民間協力会(NICOO)ヨルダン事務所長
田邑恵子、セーブザチルドレンジャパン現地事業総括
元JICAの人らが、現地での活動について報告されました。



どの団体も大変魅力的な活動をしておられることが伝わってきました。

衣食住の支援は必要だけれど、後回しにされがちな教育や心のケアが今必要なんだと訴えておられました。

現地で活動し、守りたい人たちのことを知っているからこそ、心の叫びのような熱い想いが届いてまいりました。





しかしどういうわけか、支援先や活動先がヨルダンに偏っているような印象も受けました。

みんなが口を揃えてザータリキャンプ。



どういうわけか、と白々しいことを言ってしまいましたが、


中東の支援活動は本当に難しいことを知っています。




一見、政府もNGOも、これだけのことをやっている、と安心してしまいそうですが、やはり支援が届かない人のほうが圧倒的に多いということに、想像力を働かせなくてはならないと思います。




支援が届かず、最も危機的な状況にいるのは、シリア国内の難民です。



状況の厳しさに敢えて順番を付けると、レバノンとシリアの国境付近の街アーサルへ逃げてきた難民は、国内難民に次ぐ厳しさです。


誰も支援を届けてはくれないのです。

誰も伝えてはくれないのです。




イベントの最後に、質問を紙に書く機会を頂いたので、ずばりレバノンのシリア難民支援についての日本の取組みはどのようなものがあるのか、聞いてみようと思い書きましたが、採用されませんでした。


採用されなかった代わりに、この日の登壇者以外で会場に来ていたシリア問題に取り組んでいる方々へ少しづつ話す時間が与えられていました。


シリア問題を池上彰と一緒に取材しているテレビ東京のジャーナリストや、難民フォーラムの方が発言の機会を与えられていました。

シリアの大使やヨルダンの書記官からは、深刻さの訴えだけでなく、日本への感謝を述べられておりました。



驚いたのは、ワールドビジョンジャパンです。

少しだけ話す時間をもらったワールドビジョンジャパンは急に声を震わせ、泣きはじめ、募金プログラムの紹介までこぎつけようと、随分と長く話そうとしたところを司会に制止されました。


World Visionの活動は魅力的なものも多いですが、資金調達機関のワールドビジョンジャパンは嫌いだなーと、改めて思いました。






最後はジャパンプラットフォームの事務局長さんがうまく閉めておりました。



紛争下で育つ子供たちの未来は決して明るくなく、将来を想像させる存在の周囲の大人の大半が兵士であったり、無職で貧しさに喘いでいる。

人のために一生懸命働く支援関係者の姿は、子どもたちに、「いつか自分も困っている人を助けたい」というような将来像を描くきっかけにもなっている。

そんな価値感を持つ人が育てば、世界はもっとよくなるのではないでしょうか、ということでした。





3時間のシンポジウムで、4回くらい涙が出そうになりました。

メディアが伝えてくれない分、意見を共有しあうシンポジウムはかなり意義深いものでした。

素晴らしいイベントでした。
また国内でシリア関連のイベントがあれば、どこへでも行ってこようと思います。













日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
また上位にランクインできるようにがんばるので、応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ