2014年8月31日日曜日

【パレスチナ】誰がテロリスト?

歴史は、いつも勝者によって書かれる。



正義が勝つのではなく、勝者が正義だということになる。




紛争は何故起きるのか。

土地や資源を奪い合うことによる民族的な対立から引き起こされるものだという一般論に納得してしまいがちですが、

民族間のわだかまりや憎悪感情がどれほど育っても、そう簡単に大規模な紛争が勃発することはありません。


政治的指導者がおり、軍事的指導者がおり、兵士、武器、資金源をサポートする勢力がなければ、大規模で長期的な紛争はまず、起こらないのです。


そこに「絶望」というスパイスを加えることで、人々は武器を手に取ります。

あるいは、爆弾を積んだ車で突っ込むのです。

恨みを晴らすためではなく、子供たちの未来のため。きっとこう言います。





シリアもイスラエルもパレスチナも、東アフリカ、中央アフリカでの紛争もそう。


それでも「誰が悪いのか」と考えることは、また誰かを敵だと考え、争いを作り出すきっかけを与えるだけなのです。




パレスチナ難民と呼ばれる人たちに自由がなく、彼らが貧困に喘いでいるのは、イスラエルのせいか。

イスラエルに入植、占領を認めたのは、どこの大国か。

当時の国連総会で、大国の圧力に屈したまま、見過ごしてきたのはどこの国の政府か。



結局、誰が悪いのかと騒いでも、誰も救われないのだと思います。





1人1人が、何が正義かをしっかり持つことが必要だと思います。


私の正義は、「弱い方の味方」です。


いろいろ調べていると「視座」が彷徨ってしまいますが、自分の正義に従っていればやれることは見えてきます。





今日は、とあるクラウドファンディングでのプロジェクトを紹介します。





占領×アラビア語×音楽=<リアル>HIP HOP
パレスチナ史上初の HIP HOPグループ 「DAM」 Japan Tour 実現プロジェクト


プロジェクトページはこちら
https://motion-gallery.net/projects/dam_japan



パレスチナ史上初のHIPHOPグループDAMの「音楽」による戦い。


私は30,000円のチケットを購入しました。





私は10代の時にHIPHOPと出会い、ろくでもない人生を歩んでおりましたが、

悩んだときも苦しかったときも、いつもHIPHOPに背中を押されて今日まで歩んできました。



2011年夏、ニューヨークへ旅行したときに、ブロンクスにあるHIPHOP発祥の地と呼ばれる場所へ行きました。

自由の女神やエンパイヤステートビルなど、華やかな部分しか想像していなかったけれど、ブロンクスは多くの貧困層が生活しており、昼間でも殺伐とした雰囲気が漂っていました。


世界は何かおかしいって、思いました。

こんなに貧しくて苦しんでいる人がたくさんいるのに、何も知らなかった自分を恥ずかしく思いました。


あの経験もまた、世界の貧困問題へと自分の興味を向けたきっかけの1つとなりました。



だからHIPHOPにも、中東の紛争にも特別な想いがあります。




残り、数時間です。

1,500円で本編が視聴できるので、チケットの購入をお勧めします。


プロジェクトページはこちら
https://motion-gallery.net/projects/dam_japan



DAMの歌の中で特にかっこいいのが

Who's the terrorist? (誰がテロリスト?)
Born Here (ここで生まれた)

です。


毎日聴いていたら、アラビア語で歌えそうなくらい覚えたので、ライブに行くのも楽しみです。








日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ







2014年8月24日日曜日

キベラスラム(ケニア)から暖かい商品が届きました。




2013年12月、ジンバブエからヨハネスブルグ経由でケニアのナイロビへ向かいました。


預けた荷物が2つとも届いていないトラブルから、ケニアでの活動は始まりました。




このケニアでもかけがえのない出会いがありました。




POWER WOMEN GROUP

世界最大規模のスラム「キベラ」で暮らすHIV陽性の女性が集まって結成したPOWER WOMEN GROUP。彼女たちはNPO/NGOなどの支援団体ではありません。現在メンバーは12人。

位置づけは、CBO(Community Based Organization)のようなもので、地域のグループです。




欧米のロジックでは、

キベラスラムでは学校へ行っていない子供が多く、家族を養うために、幼いころから売春を始め、HIV感染を予防する術を知らないためにHIVに感染してしまうケースが多い。

と言われています。


また、HIVに感染すると、地域では嫌がらせや仲間はずれの対象となり、孤立してしまいがちになります。仕事に就くことも難しく、HIVは貧困の連鎖を招きます。

と説明します。


そして、うつむき加減で子供の世話をする母親の姿の写真を見せます。



最後に欧米型ロジックの最後はこう締めくくられます。

「彼女たちの生活が良くなるために、さぁ募金を!」。





POWER WOMEN GROUPは支援を求めない。

POWER WOMEN GROUPは、HIV感染者であることによる地域での生き辛さや、厳しい生活環境を自らの力で乗り越えようとがんばっています。








一緒にキベラスラムへと乗り込んだパートナーが失踪し、帰る術を無くした私を、団長のエブリンは2日間家に泊めてくれました。



家には風呂もトイレもないけれど、家の雰囲気は明るかった。

自分の子供のほかに、預かっている子供も育てています。

率先して火を起こし、食事の準備をする子供たちを見て、すごくたくましいな、と思いました。

小さい子供のいる家はどこの家庭も賑やかですね。


エブリン以外にも、キベラスラムにある他のメンバーの家にもお邪魔しましたが、皆さんの明るい姿がとても印象的でした。

しかしながら、生活環境は相当に悪いです。スラム全体の匂いも悪い。

電気もないし、水だって買うしかない。(キベラスラムでは都市部よりも水代が高い)

語弊を恐れずに言うと、生活環境は世界最悪レベルです。




どれだけ最悪なのか、だらだら書くのは今日はやめます。




動画でもしつこく紹介しておりますが、私は滞在期間の間で、キベラスラムを紹介する動画を作り、日本から彼女たちの作るアクセサリーなどを買うことのできるオンラインショップ「POWER WOMEN SHOP JAPAN」をオープンしました。



応援してくれている皆さんのおかげで日本ブログ村のボランティア部門とNPO部門で上位にランクインしていることもあり、ブログを見てPOWER WOMEN SHOP JAPANを知った方々から商品の注文をいただいております。



ケニアを離れてからもエブリンとメールでやりとりしながら、注文や送金の連絡をしています。


私のことを息子のように思ってくれているようで、メールの内容はいつも暖かく、

だいたい Hi son, から始まります。




私は19歳のときに母親が死んで、一度も親孝行をしていないので、ちょうど母親世代のPOWER WOMEN GROUPを応援する気持ちには特別なものがあり、燃えています。





この度、6月ごろまでに注文していただいた商品と、個人的にいくつか注文した商品が手元に届きました。




これから全国に配送いたします。

*送料は無料でやらせていただいております。


POWER WOMEN SHOP JAPAN





特にネックレスがおすすめです。



商品を買って回りの人に宣伝してもらえるとうれしいです。

POWER WOMEN SHOP JAPAN
http://powerwomen.handcrafted.jp/






悲惨な状況を訴えて支援を待つのではなく、お互いを励ましあいながら、アクセサリーを販売し、困難に立ち向かう道を選んだPOWER WOMEN GROUP。

もっとも厳しい環境で暮らしながらも笑顔を絶やさず、自分たちの力で、貧困に立ち向かう姿が大好きです。

POWER WOMEM GROUPのTシャツにはこう書いてあります。
「Saying No To Dependancy」

*POWER WOMEN SHOP JAPANでTシャツも販売中!




これからもPOWER WOMEN GROUPの活動を全力で応援するため、POWER WOMEN SHOP JAPANの商品販売をがんばります。







実はケニアの後に行ったエチオピアで、POWER WOMEN SHOPの商品画像を入れたハードディスクをパソコンと一緒に盗まれたので、ケニア最終日12月31日の出発ぎりぎりまで編集していた商品データも全部無くなってしまったのです。

本当はもっとたくさん商品を紹介できるはずだったのですが、今でも悔しいです。




ケニアに行く人がいれば、キベラスラムのPOWER WOMEN GROUPに会いに行きませんか?

きっとすばらしい出会いになります。

案内人も紹介するので、連絡ください。







タダで講演もします。交通費も自分で出すので、遠慮なく誘ってください。

個人的に会って話を聞きたいっていう方も、東京か福島なら調整しやすいかと思います。
場所はカフェかバーか公園が希望です。


よろしくお願いします。








日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。

↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ







2014年8月16日土曜日

日本財団CANPAN・NPOフォーラム「一日限りのサマースクール」に参加してきました。

8月13日、赤坂の日本財団ビルで開催された

「一日限りのサマースクール」~NPOのための僕らの自由研究~

というセミナーに参加してきました。




先月facebookかメールマガジンか忘れましたが、このセミナーの案内が流れてきたので、すかさず申し込みました。



NPOの運営者、ボランティア、プロボノの人達向けに、組織運営に関することや、マーケティング、ファンドレイジングについて、極めて戦略的な話が聞けそうなキャッチーなタイトルのついた複数のセッションが用意されていて、かなり興奮して、行くしかないって思って参加しました。



世界の貧困を伝える旅。冒険野郎が危ないところに行って、馬鹿なんじゃないのって思ってる人も多いですが、


貧困問題解決に取り組む現地のNPOを日本の人に知ってもらい、支援を引き出すことができたら、それは世界の貧困問題削減を前進させることになる!

そう信じて、自分が取り組んできたのは、NPOの情報発信だったり、マーケティング、支援ツールの確立なのです。




例えばケニアでは、キベラスラムのHIV感染者の女性グループ「POWER WOMEN GROUP」を支援するために、キベラスラムについて、ブログや動画で紹介しながら見てくれる人をコツコツ増やし、彼女たちが製作するアクセサリーなどを日本の人が買うことのできるオンラインショップ「POWER WOMEN SHOP JAPAN」をオープンしました。


おかげ様でブログを見てくれた人から注文を頂き、最初の便を今日発送したと連絡をもらいました。

届くのが楽しみです。





そんなふうに素人なりに独自に研究を重ねてきたのです。





だからプロの考え方ってのがすごく聞いてみたかったんです。





期待通り、激熱なセミナーでした。

お盆休み返上でNPO関係者など100人くらい参加されておりました。





講師も参加者も、本気度がかなり高かったというのは間違いないと思います。





学ぶことはめちゃくちゃ多かったです。



今日は、セミナー全体で何を学んだかということは書きません。



ただ、少し掘り下げて触れてみたいところがあります。





実はこのセミナーで、自分が一番聞きたかったのは、

「日本の寄付市場の課題とこれからの展望」というタイトルのついたセッションでした。






おそらくほとんどの人は、現在の寄付市場の特性を把握して、どの世代、どの所得階級に焦点を当てたプロモーション活動やセミナーを展開していけばいいかを参考にしようという目的で聞いていただろうと思います。



似たようなものかもしれませんが、僕の場合は少し違う視点で聴いていました。






実は僕自身は去年は全く収入がなく、統計上貧困層に当てはまりますが、寄付にすごく積極的に取り組んでいます。





3月に帰国して、今は仕事をしておりますが、生活を切り詰めながら、コロンビア、ジンバブエ、レバノンの団体などへ、既に50万円近くを捻出しました。




年代が上がって、所得階級が上がらないと、寄付に積極的になれないことは絶対にないと思っています。



極端なのかもしれませんが、そういう人が世の中に増えればいいと、本気で思っています。


まずは自分が、そういう人になろうという考えからです。



「貧しさとは何か?」「豊かさとは何か?」
人よりも少しばかり、このことを考えた時間が長いのだと思います。

これについてはまたいつか書きたいと思います。








お話の中で、「ボランティア経験者は、寄付する割合が高く、寄付する金額も多い傾向がある。」ということを伺いましたが、その理由がよく分かります。



勝手に行間を補足すると、ただ漠然と社会問題や困っている人のためにお金を出そうって気持ちは湧いてこないのです。


一方でボランティアを経験すると、応援したい相手、守りたい人の顔が浮かびます。もちろん問題の深刻さや、団体の苦労もよく理解し、ある意味で自分の使命のようなものを感じ、積極的な支援をすることになるのです。


積極的な動機とは、「自分の知っている誰かを応援したい、守りたい」

そういうものだと思います。


例えば支援を呼びかけている友人を応援することも、そういうことです。




何も知らない人に訴えかけて、寄付を募ろうとすることも、寄付をする方も、動機が浅はかに思えるのです。




NPO活動には資金が必要で、持続的に大きく活動するには、少しでも多くの人からお金を集める必要があることは理解できます。



けれどもNPOのプロモーション活動が成功しすぎると、寄付は生み出せても、間違った理解が広まってしまうことがあります。




特に貧困・紛争・難民問題についての大手国際NGOの「かわいそうさ」を強調したプロモーション活動は目に余ることすらあります。








僕が活動していた南アフリカのSoweto Kliptown Youthの代表ボブは、ストリートチルドレンだった
16歳の時に、団体を立ち上げました。30年、続いているのです。


ボブは言います。「Money doesn't make your life, life makes money.」






お金がなくても、活動を維持することが、できないことはないはずなのです。







それから、非営利セクターに流れる資金や人的リソースが増えることで、行き過ぎた資本主義がもたらす弊害とのバランスを取り合う力になるっていう話をしたかったけれど、今日はこの辺で終わりにして、また書きます。





今後も一緒に活動した現地の団体のことをもっと知ってもらうためにがんばります。



-ハイチの難民キャンプ
-コロンビアのスラム街にあるコミュニティーセンター
-南アフリカ、ヨハネスブルグ郊外のタウンシップにあるユースセンター
-ジンバブエ農村部の孤児院
-ケニア、キベラスラムのHIV女性グループ
-レバノンのシリア難民支援
-インド、ムンバイのダラヴィスラム


での、ボランティア活動に興味のある人は連絡をください。




タダで講演もします。交通費も自分で出すので、遠慮なく誘ってください。

個人的に会って話を聞きたいっていう方も、東京か福島なら調整しやすいかと思います。

よろしくお願いします。








日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
上位に行きたいので、応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。

↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ







2014年8月11日月曜日

アーサルで戦闘が勃発。テントが焼かれシリア難民の女性や子供が標的に。

2014年2月
レバノンとシリアの国境の町アーサルへ行った。


肉体労働でも何でもいいからシリア難民のために何かしたいと思って行った。


首都ベイルートに拠点を持つ支援団体の力を借りて、数箇所の検問でボディチェックなどを受け、アーサルへたどり着きました。


半月ほどシリア人ドクターが診察などを行っている診療所に泊まり、毎日キャンプへ行って、物資の配達などを行いました。


特にシリア側での紛争が激しくなっていた時期でもあり、アーサルの難民が急増した時期です。


緊急で運ばれてきたテントのパーツを、今しがたシリアから到着したばかりの難民の方々と一緒に組み立てました。


テントは建てるそばから来たばかりの人たちで埋まっていきました。





朝はレバノン人のマホムッドが運転する車に、一緒にボランティア活動を行うシリアの女子高校生たちが乗って、診療所に迎えにきます。


そこから軍の検問を1つ抜けた先に、活動場所のキャンプがあります。



毎日通ううちに、キャンプの人たちとも仲良くなり、子供たちも頭を撫でてもらいに近寄ってくるようになりました。






















みんな大変な環境の中でも、人のことを思いやることのできる素敵な人たちばかりでした。


イスラム教の美しさのようなものを感じたのです。



同時に、こんなに素敵な人たちが、こんなひどい目にあっていることが、とてもショックでした。







特に一緒にいる時間の長かったドクターと、マホムッド、女子高校生たちのことは、家族のように大切に想っています。





日本へ帰国してからもメッセージのやりとりをしていました。




8月2日、マホムッドが連絡してきました。



「アーサルがやばい」って。



















アーサルはシリアのホムスやダマスカスから逃れてくる人たちの最初に通る町です。

そして、アルカイダ系武装組織「ヌスラ戦線」や「ISIS」の拠点の1つでもあり、

シーア派のヒズボラがシリア政府側について戦うための武器や戦力の密輸ルートでもあります。

シリアの反政府勢力も潜伏しております。

今後のシリア紛争においては、軍事戦略上の重要な土地ともいえます。




そして、このたび8月2日から5日間にわたり、激しい戦闘が勃発しました。


きっかけはレバノン軍がヌスラ戦線の幹部を拘束したこと。


これによって、ヌスラ戦線側は警察署などを襲撃して、激しい戦闘に発展したようです。


ISISやヒズボラも無関係とはいえません。


戦闘の当事者が誰と誰なのか、現在はっきりしたことは言えませんが、この5日間で戦闘員のみならず、子供や女性の命まで奪われたようです。


シリア難民を標的にした攻撃があったことは事実です。


いくつものキャンプが燃やされ、破壊された模様です。


現在は停戦中ということになっています。


アルジャジーラが被害の様子を伝えています。










破壊されたキャンプ跡の映像は、かなりショックです。




マホムッドと何人かは連絡がついていますが、まだ連絡の取れないドクターや女子高校生のことが心配です。




キャンプのことも心配です。




アーサルにはいくつもキャンプがありますが、今でも覚えている、直接会って言葉を交わした人たちや、子供たちのことを考えると辛いです。




実は毎日訪れていたキャンプが無事かどうか、今のところ確かな情報はありません。


軍のチェックポイントの向こう側にあるので、現地のスタッフもまだ現場に行ってないものと思われます。





そして、停戦中の今、ベイルートから支援が向かいました。




新しい情報を祈るような気持ちで待っているところです。




今レバノンの首都ベイルートにスウェーデンの友人がいますが、レバノンも今、非常に緊迫した状態だといいます。






実はレバノンはシリアやイラク以上に、紛争の火種に成り得る問題を多く抱えているのです。


イランと強く繋がり、シリアのアサド政権を支持するヒズボラの存在、そして人口の25%ほどに膨れ上がったシリア難民、さらに今最も注目を集めるパレスチナ難民。




レバノンが紛争地化すれば、今でさえ首の皮一枚で繋がっているアーサルへの支援ルートは完全に途絶え、アーサルのシリア難民の運命は絶望的です。




それどころか歴史上最悪レベルの惨劇が起こります。




恐ろしいことに、これを避けたい力と、その反対の力が存在するのです。




自分はアーサルにいる家族のためなら、すべてを差し出してもいいと思っています。
できる限りのことをやります。


どうか力を貸してください。


多くの人が知ってくれることは、紛争を防ぐ力になります。


人道支援を届けることに繋がります。


アーサルで起きていることを人に伝えてください。お願いします。







日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
上位に行きたいので、応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。

↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ