2014年9月28日日曜日

ダーウィンの悪夢

週末、TSUTAYAで「ダーウィンの悪夢」- Darwin's Nightmareを借りて見ていました。



舞台はタンザニア。
世界で2番目に大きい湖として知られる「ビクトリア湖」周辺で、元々、湖には生息していなかった「ナイルパーチ」という外来種の巨大魚を、海外へ売ることで漁業や魚の加工業は成長し、多くの雇用を生み出した。

その一方で、所得格差を生み、ストリートチルドレン、売春、HIVの蔓延などの悲劇を助長していることや、生態系の破壊を伝えるドキュメンタリー映画です。


ヨーロッパからやってくる飛行機は、ナイルパーチを積んで帰っていきますが、来るときは一体何を持ってくるのか。

コンゴやアンゴラの紛争で使用される武器を運んでいた可能性についても証言されています。




貧困は様々な要因があって生じるので、全てをナイルパーチと結びつけるのは少し強引だけれど、「経済成長」「雇用創出」のポジティブな側面だけを抜き取って評価されてしまいがちな、途上国への開発支援や、商取引の拡大の裏では、悲しい現実を生み出していることも事実なのです。



加工されたナイルパーチを輸入したい国は、自分の国で生産するよりも安いから輸入するのです。

ですが、現地の人にとっては高くて食べることができません。




虫の集った魚の頭部や骨を拾っている貧困層の人々の姿はとても衝撃的なものでした。





ちなみに日本もまた、タンザニア産ナイルパーチを輸入している国の1つです。





「アフリカはなぜ貧しいの?」という問いは随分と的外れでありますが、同じ東アフリカでもケニア、エチオピア、ソマリア、タンザニアなどのそれぞれの国の社会問題の背景は異なるのですね。


背景を細かく分けると違いますが、ストリートチルドレン、売春、HIVの蔓延という貧困の症状は、都市部によく見られるものです。


また、出稼ぎに出た夫や身内を失ったことによる家計の圧迫は農村部も巻き込みます。


出稼ぎ先での死因は、労働環境の悪さや危険を伴う作業によるものと、HIV感染が一般的に上げられます。


この構図は他の国にも当てはまります。




開発のスピードと、生じてくる格差と、広がっていく格差の中で、「痛み」が症状として現れます。




なので、都市部の貧困層は、開発が遅れていることによるわけではなく、開発によって生まれてくるわけなのです。




発展のスピードと国内での地域のバランスを取らなければなりません。


この舵取りを担うのは、その国の政府です。




しかし、先進国と途上国の政府の間には力の差が存在します。

これは技術援助やODAによる開発援助で債務を抱えていたり、輸出国輸入国間にある力関係に起因していたりします。


元々の政治機能の脆弱さに加え、力の差のある相手国からの多額の資金流入は、この舵取りをうまくいかせないのです。






日本も過去の東南アジアへの開発援助では、フィリピンやインドネシアなどで農業改革を行い、雇用創出や食糧自給率上げてきたことで一定の評価を受けていますが、格差と貧困を生み、争いの原因を作り出したとの批判もあります。


それにより日本は農作物を安価で輸入できるようになったのです。そして最大の輸出先となったのです。




古くからの歴史をたどると、食糧を生産すること以外に使うことのできる労力によって、文明は発達してきました。



日本は食糧を輸入に頼っているというよりも、より付加価値の高い工業製品などを輸出するために、食糧を安く調達する手段を選択しているように思います。


援助というのは、そのための戦略で用いられたり、批判を生まないための緩衝材のような役割を果たすのです。



純粋に人助けの精神で国家間の援助が行われることはまずありえないのです。



▼アパルトヘイト政策に対して国際社会が南アフリカに経済制裁を発動させる中、日本は取引を続けた。現地の人が飢餓に喘いでいる中、輸入したトウモロコシなどは豚の餌に。

アパルトヘイトと日本の罪






開発援助の光の部分を誇張するだけではなく、影の部分にしっかり目を向ける姿勢が必要だと思います。






開発援助の光と影―援助する側・される側 (全集 世界の食料世界の農村)










日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。

↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ