ページ

2014年11月24日月曜日

日本からもできる、国際社会から見放されたアーサルのシリア難民支援プロジェクト

今年、シリア難民の数は300万人を超え、周辺国などへ逃れているわけですが、最も多くのシリア難民が逃れた先は、レバノン(114万人)です。

シリア難民300万人を超える(2014年8月29日/UNHCR JANANプレスリリース)
http://www.unhcr.or.jp/html/2014/08/pr-140829.html



よく知らない人も多いかと思いますが、例えば日本でシリア難民のために募金や衣類などの寄付(冬はめちゃくちゃ寒いです)をしたとしても、レバノンへはほとんど届きません。



それは日本の支援機関の構造上難しいことなのです。




シリア難民のことを日本人が知る機会を生み出すことを、最も大きな資金を使って行い続けている組織はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)であります。


UNHCR JAPANが、政府と連携したり、国内メディアへ働きかけたり、シンポジウムを開催したりすることによって、少しでも多くの日本人が、難民の窮状に目を向けるきっかけを創り出しているのです。


シリア難民問題を深刻なこととして捉えてもらうことを促し、募金をするというアクションを呼びかけているのです。
(実際に難民の生活は本当に深刻で、支援のために最も必要なのは、服よりも食糧よりも、お金です。)



そして、UNHCRからジャパンプラットフォームを介して、日本に拠点を持つ国際NGOへと、それぞれの団体が行うプロジェクトに対して、資金が注がれます。


これが、日本のシリア難民支援のメインストリームと言えるでしょう。



ここで想像力を働かせたいのは、300万人を超えるシリア難民が平等に支援の恩恵を受けるわけではないということです。

国際NGOのそれぞれの活動は、決まった地域で行われているわけで、日本からの支援がどうしても届かない難民の人達がいるわけです。




これはジャパンプラットフォームが個別に支援を行っているNGOの活動です。


難民の数とは関係なく、レバノンで行われているシリア難民支援は、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの心理社会サポート、生計支援だけとなっています。


それぞれのプログラムは、難民にとって必要なものばかりで、素晴らしい活動であることは間違いありません。


僕にとって残念で仕方がないのは、レバノンとシリアの国境地域のアーサルに支援が届けられないことです。




今年2月にアーサルへ行き、難民の皆さんと15日間一緒に過ごしました。

もしかしたら、アーサルへ逃げてきた難民の数が一番多かった期間かもしれません。




難民を乗せた車が列をなしていて、出来上がったばかりのキャンプはすぐに満員になり、新しいキャンプを難民の皆さんと一緒に建てました。

















8月に起きた戦闘の最中、ほとんどのテントキャンプは燃やされてしまいました。




物資の配給ルートが経たれ、資金がないどころか、外を出歩くことも難しくなり、現地団体の活動もストップしました。






現地の支援団体から何度も強くお願いされ、アーサルを支援してくれる団体を探してみましたが、どうにも見つかりませんでした。

UNHCR JAPANに電話をしてみたり、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ現地の団体との連携をお願いしてみましたが、適いませんでした。



1番大きな理由は、アーサルでの支援活動が安全ではないということでした。
今年8月に戦闘が起きたことはこれからもずっと、支援を届けることのできない理由になるでしょう。



そして、レバノンの政治組織(ヒズボラ)がまた、シリア難民と敵対する勢力であり、レバノン軍による難民への拷問が深刻な状況です。

これを伝えてくれるジャーナリストはなかなかいませんが、レバノンでの支援活動は、他の周辺国と比べても難しいのです。

それもまた、アーサルへの支援を絶望的なものにしてしまっています。



支援が届かない人へ支援を届けることを考えるのが、緊急人道支援のプロ集団の仕事だと思っていました。

募金をする人達も、支援が届かない人達へ届けて欲しいと思っていることだと思います。

だけど現実は複雑な問題がたくさんあり、簡単なことではないようです。




それでも何とかならないかと、ずっと悩んでいました。







現在アーサルは安定してきており、現地団体(Shabab al ouma)の支援活動も再開しました。




そして、明るいニュースがあります。

アーサルで学校を支援するプロジェクトが始まりました。

Volunteer school for Syrian refugees




僕も実際に訪ねた学校ですが、先生はボランティアで、全く給料をもらっていません。

実は先生たちもシリア難民で、中には大学教授の方もいらっしゃいます。



学校の先生たちは、日本人の僕に、必死で支援のお願いをしていました。


ただ、印象的だったのは、自分たちの給料のことではなく、子ども達の教科書やペン、机や椅子が必要だということを訴えていたのです。



寝泊まりさせてもらっていたクリニックのドクターも同じことを言っていたのを覚えています。
彼は爆発のせいで指がありませんが、毎日200人ほどの診察を行っています。彼もシリア難民の1人です。

そして給料はもらっていませんが、薬や設備が必要なんだと訴えていたのです。
アーサルにいる難民を1人でも多く救うことが私の使命なんだとも語ってくれました。



そんな人達ばかりだったから、僕はアーサルのシリア難民のために何かしたいと今でも強く思っているのです。




これが学校へ行ったときの写真です。








生徒が800人もいる巨大な学校です。



設備があまりにも不十分なので、ホワイトボードや、机、椅子が必要です。


勉強するためのペンやノート、教科書が必要です。


これを1年分支援するのが、今回のプロジェクトです。

避難している期間、必要な教育を受けるためには、その環境が用意されなければならないのです。

避難生活によって生じる教育ブランクはシリアの未来をさらに暗くします。
もし紛争が終わっても、落ち着いた社会を取り戻すには、教育を必要とする期間に必要な教育を受けていることがとても重要なのです。





そして、女子生徒が安全に通学するための1年間分のバス代もこのプロジェクトで支援します。


願わくば、ボランティアの先生に少しでも給料を払いたいのです。







支援される学校は、一緒に働いた女子高校生達の通っている学校でもあります。






毎日誰かが泣いてしまって、慰めたりもしていましたが、基本的にはみんな元気で明るく、一緒に楽しい時間を過ごしました。



彼女たちのことをボランティアと呼ぶこともありますが、働いた分が少しだけ支払われます。


彼女たちはテントには住んでいませんが、シリア難民でもあります。


何度か別々の家庭に招待され、晩御飯をごちそうになることがありましたが、家は電気もなく、隙間風の入り込む中で細々と生活をしていました。

それでも家賃を支払わなければならないので、収入なしには長期の避難生活はできないのです。





このプロジェクトによって、彼女たちの通う学校が支援され、現地団体(Shabab al ouma)の活動としての恩恵を受けることを、心から嬉しく思うことができます。




こちらがプロジェクトページになります。


Volunteer school for Syrian refugees



£5でも£10でも結構です。少しでもいいので、支援してください。
信頼できる人達ががんばってやっています。よろしくお願いします。


僕は個人的に強い想いがあって、プロジェクトが立ち上がって直ぐに現在までの寄付者で最高額の£1,500(およそ28万円)を払いました。これまでの人生でも最も大きな寄付でした。

実は1500ユーロと勘違いしていて、1500ポンドだったのですが、全然後悔していません。

未来のあるシリアの子ども達のために、日本からの支援の道が開けたことが何より嬉しいです。

本当に、自分にとってどうしていいのか分からない問題で、ずっと悩んでいましたが、こうして支援をすることができてよかったと思います。



まだ必要な金額(£10,000)に届いていないので、皆さんの支援をよろしくお願いします。

フェイスブックやツイッターでプロジェクトページを紹介してくれるだけでも支援に繋がる可能性があるので、どうかよろしくお願いします。









日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
応援のクリックをお願いします。
クリックで今の順位を見ることもできます。

↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ