2016年6月12日日曜日

2016年エチオピアの旅 #2

書こう書こうと思いながら、全然書いていませんでした。

2016年3月、ドーハ経由でエチオピアへ。
日本を出発したのは2月29日で、エチオピアに着いたのは3月1日の深夜1時過ぎでした。

2年前に知り合ったヤレムが空港に迎えに来てくれてるはずだったのですが、すぐに会えず、深夜の4時くらいに合流できました。

別れ際はいつも「また来るから」と言うのですが、本当にまた来れるかどうかは自分でも分からないし、嘘を言うつもりはないけど、嘘になってしまうかもしれないし、、、
実際に「また来るから」と言って、まだ会いに行けてない人はたくさんいて、思い出せば会いたくなるけど、時間が経てば、会いたかった気持ちが薄れて行ったり、
目の前の問題に振り回されては、「いつかまた会いに来る」が、「いつかまた会いたい」になって、「またどっかで会えたらいいな」と、記憶と一緒にぼんやりしたものに変わっていってしまう。
それは人間だから、仕方のないことなのですが。

また会えてよかったです。
エチオピアで1ヶ月、一緒に行動したパートナーです。
よくケンカもしましたが、1つのベッドに2人で寝て、朝から晩まで一緒に行動をしていました。




到着して次の日、早速旅の準備を始めました。


電車走ってるし(2年前はなかった)





服屋の裏のブラックマーケットでドルをブルに代えて
マルカト(大きいマーケットみたいなところ)でヤレムの分の寝袋を買って、
夕方から、ヤレムの親せきの家に招待され、インジェラ&コーヒーセレモニーを楽しみました。

インジェラは2年前は全然食べれなくて、不味かった思い出はプレッシャーに変わっていました。
1ヶ月・・・インジェラばかり食べてやっていけるだろうかと。
早速、その日に食べたインジェラは、2年前と同じで、「ヤバい、食えない・・・」と思ったのですが、
気持ちをコントロールしながら食べました。

食べるそばから、どんどんインジェラを皿にのせてくるので、「お腹いっぱいです」 と伝えるまで終わりません。
アムハラ語では「バッカ!」と言います。
「バッカ、バッカ」・・・もういい、もういい・・みたいなニュアンスで使っていました。

こうやって親せきで集まって、ワイワイ盛り上がりながら、のんびり話をする。
日本でもまだ残っている光景ですが、
数日前までは、4畳半の部屋で、買ってきた弁当を1人で食べて、そういえば「いただきます」とか「ごちそうさま」とか、いつの間にか言わなくなってたのを全然気が付きもしなかったなぁと、この時思い出しました。


次の日、適当に街を歩いた後、ナショナルミュージアムに行ってきました。
目的はルーシー。
最も古い人類の骨です。





人類発祥の地と言われているエチオピア。
私たち人類は何者で、人類はどこから来て、どこへ向かうのか・・・そんな人間科学の問いと向き合っているもんで、
一目見れてよかったです。

そして、アジスアババからDessie行きのバスのチケットを2人分買い、翌日から、地方めぐりの旅に出発しました。




続きはまた書きます。




【お知らせ】
2月26日(日)13:30~17:30
南青山(東京)で登壇させていただきます。
テーマは「貧しさ」です。
自分の見た「貧困」と呼ばれる地域の話や、貧しさが生んだ悲劇を例に
「いい話」ではなく、等身大の話をします。

業種、年齢関係なく、いろいろな方が来られます。
交流の時間もあるので、楽しい会になるかと思います。

参加される方は参加ボタンを押してください▽
https://www.facebook.com/events/550877381751640/?notif_t=plan_user_associated&notif_id=1465599447394600




日本ブログ村のブログランキングに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ

にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ